カルグルトを妊娠中、授乳中に摂るのは危険?!

妊娠中、授乳中ってホルモンバランスの乱れなどから、便秘やお腹の調子を崩してしまう方が多いんですよね。
でも、生まれたての赤ちゃんやお腹の中の赤ちゃんを想うと、クスリやサプリメントを気軽に飲むことは出来ないんですよね。
わたし自身もそんなつら~い経験をしておりますので、その気持ちとっても良くわかるんです。

妊娠中、授乳中でも飲むことが出来る乳酸菌サプリメントがあれば今すぐにでも始めたいところですよね。
そこで、カルグルトが妊娠・授乳中でも飲むことが出来るのか調べてみました。

危険な成分はある?

まずは、カルグルトの成分を見てみると
ぶどう糖、有胞子性乳酸菌末、乳酸菌末、ビフィズス菌末、乳酸菌抽出物、増粘多糖類、酸味料、香料、甘味料
以上がカルグルトの全成分なのですが、特に危険なものは使われていません。

その効果もとても穏やかで、腸を直接刺激して便通を促す便秘薬と違い、お腹の中の最近バランスを正常な状態へと改善、腸内環境を整えてくれるというものなので、小さなお子さんやお年寄りでも飲むことが出来る、体に優しい乳酸菌サプリなんですね。
家族みんなで飲めることもカルグルトが選ばれている理由なんですね。

妊娠中・授乳中でも飲める?

結論から言ってしまうと、妊娠中、授乳中でも飲むことが出来ます。
しかし、公式サイトでのよくある質問で「妊娠中や自乳中でも飲んで大丈夫?」という問いに、
「妊娠中や授乳中は味の好みや体の状態も普段とは違います。
飲用を希望される場合には、念のため医師にご相談下さい。」とありました。
カルグルトを飲む前に、かかりつけのお医者さんに相談してからの方がよさそうですね。

また、そのあとに続けて、「腸内環境はお母さまからお子様に遺伝いたします。
サプリメントだけではなく、野菜やヨーグルトなど食べ物などで体の善玉菌を増やしていくことも重要」と、書かれていました。

サプリメントだけに頼りきりにならず、食生活や食事の内容などを改善することも大切なんですね。

しかし、妊娠中は、味覚も大きく変化していたり、つわりがあったりで食べれるものも制限されてきてしまうので、食事だけで栄養を摂りきるのはとても難しいんですよね。
そんな時には無理をせず、お食事とサプリメントをうまく使って、足りない分を補給してあげるようにすると良いかもしれませんね。

妊娠中、授乳中に便秘に悩むママさんはとても多いんですよね。
また、ホルモンバランスが大きく変化するため、急におはだの調子が悪くなったり。
しかし、そんな状況でも使えるお薬も限られていて、なかなか症状が改善されなかったり、お薬のせいで、逆に便秘から下痢などに移行してしまったり。
きっと、頑固な便秘や続くお腹の不調に悩んで、妊娠中や授乳中にも飲むことが出来るサプリメントを探して、このサイトにたどり着いた方もいらっしゃると思います。
この記事がそんな辛い症状の妊婦さん、ママさんの力に少しでもなれたら幸いです。

⇒カルグルトの公式サイトはこちら