カルグルトで副作用?アレルギーの可能性は?

5つの乳酸菌で、女性の辛いお悩みを解消してくれると話題のカルグルトですが、お口に入れるものですし、副作用やアレルギーが心配ですよね。

下痢や腹痛などの辛い症状が起きてしまったらどうしよう?何か体に刺激を与える薬品が入っているのでは?と心配な方も少なくはないはずです。
また、食物アレルギーをお持ちの方は、飲んでも大丈夫なの?と不安になってしまいますよね。

そこで、カルグルトの副作用の危険性やアレルギーの可能性などについて詳しく調べてみることにしました。

カルグルトで副作用は起きる?

まずカルグルトの成分から副作用の可能性のあるものがないか調べてみました。

カルグルトの有効成分
乳酸菌(乳酸菌抽出物LFK、ガゼリ菌、ラブレ菌、ビフィズス菌ビースリー、ラクリスS)、ぶどう糖、増粘多糖類、酸味料、香料、甘味料(アスパルテーム・Lフェニルアラニン化合物)

これらの成分を見てみると、副作用の可能性のあるものは含まれていません。
乳酸菌を中心とした、体に強い刺激を与えるような成分は含まれておらず、優しい効き目の成分ばかりが配合されています。

カルグルトは健康食品(サプリメント)で、薬ではないので副作用の可能性はないと言ってよいと思います。

しかし、中には効果を早く実感したいなどの理由から一日の用量以上のカルグルトを摂取してしまうと、おなかが緩くなったりすることも考えられますので、用法用量をきちんと守り、続けてくださいね。
どんなに体に良い物でも、過剰摂取は逆効果になってしまうこともあります。

また、もともとお腹が敏感な方は様子をみながら摂取量を調整しながら飲むと安心ですね。

カルグルトでアレルギーを引き起こす可能性は?

カルグルトはとても緩やかな効き目で、副作用の心配などもないことはわかりましたが、アレルギーの可能性はどうなのでしょうか?

食べ物や、成分などで稀にアレルギーを起こしてしまう方もいらっしゃいますよね。
アレルギーをお持ちの方にとって、初めてのものを試すとき、とても不安な気持ちでいっぱいだと思います。

カルグルトの主成分、乳酸菌ですが「乳」とつくので、牛乳アレルギーをお持ちの方は飲んでも大丈夫なの?と心配になってしまうと思います。

カルグルトに含まれている「乳糖」には、牛乳タンパクが混入しているため、アレルギーをお持ちの方は注意が必要です。
また、同じく含有成分である「乳酸菌抽出物LFK」は卵を含む成分となっています。

元々、食物アレルギーをお持ちの方は全成分をしっかりと確認したうえで、飲み始めた方が安心ですね。

稀にアレルギー症状を起こしてしまう方もいるようですので、心配な方は一度お医者様に確認してから飲み始めることをおすすめします。

カルグルトは、乳酸菌を中心に体に優しい成分を配合したサプリメントです。
副作用の危険性もなく、とても緩やかな効果で小さなお子さんからお年寄りまで家族みんなで飲むことが出来ます。

5つの乳酸菌で、腸内環境を整えて体の中からキレイを目指したいですね。

⇒カルグルトの公式サイトはこちら